軽い男の特徴と見抜き方!引っかからないために覚えておくこと

スポンサーリンク
恋愛テクニック
この記事は約4分で読めます。

私、結構軽い男に引っかかっちゃうのよね。何か見抜く方法ないかしら?

このように、女性の方でよく軽い男に引っかかる、絡まれるという方いませんか?

こっちはちゃんとした恋愛や結婚したいのに、相手はただの遊びだったり・・・

せっかく本気で好きになっても、残念な結果に!

そこで今回は、軽い男の特徴と見抜き方についてご紹介します。

この記事はこんな方にオススメ!
  • いつも軽い男に引っかかる
  • 本気で恋愛したいと思っている
  • 軽い男を見抜く方法が知りたい
スポンサーリンク

軽い男の特徴と見抜き方

では、軽い男に共通する特徴を見ていきましょう!

これを知っておかないと見抜けないわね!

①ボディタッチが多い

ナンパのイラスト

初対面や、親しい仲でないのにも関わらず、やたらとボディタッチをしてくる人は、軽い男の可能性があります。

肩を触ったり、手を握ったりと、頻繁にボディタッチをされていませんか?

下心のある男性だと、あなたがボディタッチをどこまで許してくれるかを伺っていることもあります。

それで、嫌がる素振りをしなければ、相手にオッケーだと思われてしまいます。

仲の良い男友達でも、頻繁に大胆なボディタッチをしてくる場合は拒否した方がいいかもしれませんね。

②「可愛いね」「綺麗だね」が多い

おしゃべりな男性のイラスト

軽い男の特徴として、女性に「可愛いね」「綺麗だね」と褒め言葉が多いこともあげられます。

たとえお世辞であっても、言われると女性は嬉しいですね。

しかし、軽い男性は何度も言ってきたり、他の女性にも言います

本気にあなたの事が好きだったら、そんなにスラスラと褒め言葉を使わないはずです。

③すぐに下の名前で呼ぶ

手を挙げる男の子のイラスト

初対面や会ってすぐに、

下の名前で呼ぶ

あだ名をつける

ちゃん付けで呼んでくる人も軽い男性の特徴です。

中には純粋に親しくなりたい、仲を深めたいという男性もいますが、初対面で呼んでくる人は注意した方がいいかもしれません。

また、他の女性にも同様に馴れ馴れしく呼んでいる可能性があります。

④お家デートをしたがる

家・建物のイラスト「1階建て一軒家」

これも、軽い男の代表的な特徴の1つです。

下心があると、出会って1~2回くらいの早い段階でお家デートを提案してきます。

最初からホテルに誘うと、下心が見え見えで断られてしまう可能性があるため、お家デートに言い換えている可能性があります。

まだ親しい仲ではないのに、お家デートを提案してくる男性にも注意した方がいいでしょう。

⑤女性の扱いに慣れている

メッセージアプリのイラスト

軽い男の人は、いろんな女性と遊んでいる可能性があるため、女性の扱いや誘い方に慣れている特徴があります。

過去の経験から、女性がされて嬉しいこと・言われて嬉しい事は熟知しています。

デートの誘い方や、口説き方エスコートの仕方などを1度よく観察してみましょう。

LINEなども同様で、褒め言葉や甘えてくる素振りが多ければ、軽い男かもしれません。

⑥急に誘ってくる

■

「今から遊べる?」「今○○にいるから来て!」など、急な誘いが多いのも軽い男の特徴です。

相手の事情なんて気にせずに、自分が暇だから呼ぶというのは、女慣れしている証拠。

もし本気であなたの事が好きなら、自分の都合よりまずはあなたの都合や予定を気にするでしょう。

1度オッケーしてしまうと、都合のいい女だと思われて、また何回も誘ってくる可能性があるので注意しましょう。

スポンサーリンク

軽い男の対処法

では、そんな軽い男に絡まれたときの対処法も合わせてご紹介しますね!

それは助かるわ!

きっぱりと断る

断っている女性のイラスト

「相手に悪いかも・・・」「なんか可哀想・・・」と思ってしまうかもしれませんが、きっぱりと断る勇気を持ちましょう!

軽い男は断られることにも慣れています。

また、あなたに断られたとしても、また別の女性を誘うため、全く気にする必要ありません。

ただの遊びに付き合うより、自分の事を本気で好きになってくれる人を探しましょう!

プライベートな話はしない

おしゃべり禁止のイラスト

プライベートな話や、深い話も安易にしない方がいいです。

相手はあなたを誘うために、いろんなことを探ってくるかもしれません。

なんでもベラベラと話してしまうと、あなたが断りにくい条件を出してくる可能性も・・・。

まとめ

いかがでしたか?気持ちを弄ばれないためにも、自分で見抜けるようにしていきたいですね。

そうね!よくわかったし、今度から気を付けてみるわ。

タイトルとURLをコピーしました