幼馴染から恋人になるとうまくいく?メリットとデメリットを紹介

スポンサーリンク
恋愛の悩み・失恋
この記事は約4分で読めます。

幼馴染が恋人になると、どうなんだろう?普通の恋愛と比べるといいのかな?

このように、幼馴染との恋愛に悩んでいる方いませんか?

小さい頃から、お互いの事を知っているので信頼や安心感があって、普通のカップルより長続きして、うまくいきそうですよね!

そこで今回は、幼馴染から恋人になるメリットとデメリットをご紹介します。

この記事はこんな方にオススメ!
  • 幼馴染との恋愛に悩んでいる・迷っている
  • 幼馴染から恋人になるメリット・デメリットが知りたい
  • 普通の恋愛との違いが気になる
スポンサーリンク

幼馴染から恋人になるメリット

silhouette photo of six persons on top of mountain

では、最初に幼馴染から恋人になるメリットからご紹介します!

メリットは多そうだね!

①お互いの事をよく知っている

腕を組むカップルのイラスト

幼馴染から恋人になるにあたって、大きなメリットはお互いの事をよく知っているということ。

子供の頃から一緒なので、性格や好き嫌い、良い所や悪い所もだいたいわかっています。

食べ物の好みや、趣味などを知っているとデートでも困らないですね!

付き合ってから、

「意外!こんな人だったの?」

「やっぱりイメージと違った・・・」

ということも避けられるので、長続きしやすいでしょう。

②素の自分が出せる

幼馴染から恋人になるメリット2つ目は、素の自分が出せて、自然体で付き合えるということです。

初対面や、出会って期間が短いと、相手に良い所を見せたいと思う気持ちが先走ってしまい、素の自分を出すまでに時間がかかってしまいます。

それに比べ、幼馴染であれば緊張する事もなく、無理に頑張っている自分を見せる必要もないため、地よい関係が作れます。

また、何でも言い合える信頼関係を築いていれば、誤解やすれ違いから起こる喧嘩も避けれるでしょう。

③お互いの両親を知っている

笑顔で子供を見守る親のイラスト

幼馴染から恋人になるメリット3つ目は、お互いの両親を知っているという事です。

親同士が知り合いだったり、家族ぐるみで付き合いがあるとお互いに安心できます。

いざ、結婚するとなったときも「○○君なら大丈夫」「○○ちゃんなら安心」などとOKされやすいでしょう!

結婚した後も仲良くできる可能性が高いなど、メリットはたくさんあります。

④話題や思い出が多い

アルバムを見ているカップル・夫婦のイラスト

幼馴染から恋人になるメリット4つ目は、デートでの話題や、思い出が多いことです!

子供の頃の思い出や、懐かしい話題など、付き合う前から共にいろいろなことを経験してきているため、話題がつきないでしょう。

「昔、こんなことあったよね」

「あの時は○○だったなぁ」

など、共通の話題や思い出が多いはずです。

⑤共通の友人・知人がいる

忘年会のイラスト「飲み会・鍋」

幼馴染から恋人になるメリット5つ目は、共通の知人・友人がいる事です。

幼馴染であれば、幼稚園や小学校など必ず共通の友人がいます。

仲が良ければ、大勢で遊べたり、悩みや相談だってできますね!

また、交友関係を把握していれば、余計な詮索をしなくてもいいので安心です。

スポンサーリンク

幼馴染から恋人になるデメリット

①恋愛対象として見れない

悩む男の子のイラスト

ずっと幼馴染だった相手が、いきなり恋人になっても、実感が湧かないという人も多いでしょう。

そのため、付き合っても恋愛対象として見れず、別れてしまうケースもあります。

お互いに好きであっても、それが異性としてではない場合もあるのです。

②ドキドキ感や新鮮さがない

恋愛のイラスト(若者)

お互いの事を徐々に知っていく、ドキドキ感や新鮮さも幼馴染だと少なくなります。

既にお互いのことを知っていて、子供の頃から一緒にいると緊張したり、恥ずかしいなどという気持ちもなくなってしまいますね。

トキメキや、刺激が欲しい人には幼馴染の恋は難しいかもしれません。

③別れた後が気まずい

付き合ってみたものの、うまくいかなくて別れてしまった後が幼馴染だと気まずくなりやすいです。

親同士や、家族ぐるみ、共通の友達で付き合いがあると尚更大変です。

別れた後も付き合う前の関係に戻れれば問題ありませんが、全くの他人になるというのは難しい場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?デメリットもありますが、幼馴染だとメリットの方が多く長続きしやすいと思いますよ!

そうだね!お互いの事をわかっているし、良い関係で付き合っていけそうだね♪

タイトルとURLをコピーしました