仕事や勉強!集中力をアップさせる方法が学べる本5選

本の紹介

勉強に集中したいんだけど、他の事を考えてしまって、なかなか集中できないんだ。

集中力をアップさせる方法って知ってますか?

え?わかんないな・・・。あるなら知りたいよ

このように、仕事や勉強に打ち込みたい!集中したい!と思っても、なかなか集中力が続かないことってありませんか?

他の事で悩んでいたり、携帯が気になってしまったり・・・難しいですね。

でも、集中力をアップさせる方法がわかっていれば、いつでも対処可能です!

そこで今回は、読書好きな私がオススメする集中力をアップさせる方法がわかる本を5冊ご紹介しますので、参考にしてみてください♪

脳が認める最強の集中力/ 林 成之(著)

【本の紹介と感想】

この本の著者は脳神経外科医なので、脳の仕組みから集中力を高める方法まで詳しく解説されていて、図も多く、とても読みやすい本でした。

何かに集中して取り組んでいても「面白くない、できない、疲れた」と思った瞬間、無意識に脳のパフォーマンスが低下してしまうとのこと。どのような状況でも周囲に流されず、集中力を発揮するための素質を日頃から磨いておくことが重要で、その実践方法がいくつか紹介されています!

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!/ 苫米地英人(著)

【本の紹介と感想】

色々な感情に振り回され、集中力が無くなりがちな現代社会。人生のゴール目標を、現状の外に設定する事で、不要な感情をゴミとして処分し、自己を高めるという事が書かれています。

著者は脳科学者なので、脳の仕組みから考えてどう動くべきかが書かれおり、納得できる点が多かったです。頭の中が整理できないときや、何をどう頑張ったらいいか分からないと悩んでいる方にはぜひ読んでいただきたい1冊です!

自分を操る超集中力/ DaiGo(著)

【本の紹介と感想】

集中力を高めるために実施すべき良い習慣、改善すべき悪い習慣が紹介されている本です。集中するためのプロセスはもちろん、人生の時間をどう有意義に過ごすかまで学ぶことができます!時間の区切り方、食べ物や運動、睡眠まで具体的に書いてあり、今日から実践できることばかりです。

↓文字をたくさん読むのが苦手という方には図解版もあるので、こちらもオススメです!

集中できないのは、部屋のせい。/ 米田 まりな(著)

【本の紹介と感想】

主に自宅で仕事や勉強する方にオススメです。著者は整理収納アドバイザーの米田まりなさん。勉強や仕事に集中する、または効率を上げるためには、まず快適な環境作りが大切とのこと。「作業に必要のないものは視界から外す。作業に必要なものだけをサッと取り出せるようにひとまとめにしておく」これだけで作業効率はグンと上がります!身の回りをスッキリさせることで、より集中できるようになるのです♪

ヤバい集中力/ 鈴木 祐(著)

【本の紹介と感想】

メンタリストDaigoさんがオススメする本です。人間は理性と感情がせめぎ合っており、集中力を左右している。感情は強力なため、理性で抑えることは難しいのです。しかし、理性によって感情を上手い具合に誘導してあげれば強い集中力を発揮できるとのこと。

要するに集中力の仕組みが分かれば操ることは可能なのです。集中力の鍛え方をいろんな方向から教えてくれて、実践できるよう具体的な方法が難易度を分けて提示されています!

まとめ

いかがでしたか?まずは集中力について理解し、小さなことから実践していくことです。

なるほどね!習慣付けていくと、いつでも集中できるようになるかもしれないね!

タイトルとURLをコピーしました