告白で緊張しない方法とは?大事な場面で心を落ち着かせよう!

スポンサーリンク
出会い・告白・片想い
この記事は約6分で読めます。

今度、好きな相手に告白しようと思うんだけど、緊張しやすいから不安だよ・・・

このように、告白するときや、プロポーズするときって緊張しますよね。

特に大事な場面では、失敗したくないという思いが強くなり、余計に落ち着かなくなります。

一度失敗すると、それがトラウマになってしまったり・・・

いつもの自分が出せず、落ち込んでしまう・・・

そこで今回は、告白で緊張しない方法と心の落ち着かせ方についてご紹介します!

この記事はこんな方にオススメ!
  • 緊張しやすい
  • 告白やプロポーズする予定
  • 緊張しない、和らげる方法が知りたい
スポンサーリンク

緊張のメカニズム

では、最初に人はなぜ緊張するのか?緊張のメカニズムから見ていきましょう!

気になるなぁ・・・。なんでだろ?

緊張とは?

緊張している男性のイラスト

緊張とは、自分に自信がないことが原因で起こる心のストレスです。

人は、間違いや失敗が怖い、慣れない環境、知識・経験不足だと感じた時に、

「うまくいかなかったらどうしよう・・・」

「失敗するかも・・・」

と、ネガティブに考えてしまいがちです。

緊張が過度になると、

・頭が真っ白になる

・手足や声の震え

・冷や汗や赤面

・体調不良

など、人によって様々ですが、身体に影響が出てきます。

そして、緊張を抑えようとするほど状況は悪化し、本来の力を発揮しにくくなります。

では、なぜそのような状態になるのでしょうか?

緊張している状態

壇上で緊張している生徒のイラスト(女子)

緊張すると、脳がストレスを感じます。

脳がストレスを感じると、心拍数が上がり、体内でノルアドレナリンが分泌されます。

このノルアドレナリンは、ストレスに反応して出る神経伝達物質です。

実は、緊張したとき身体に起こるさまざまな症状の原因はこのノルアドレナリンにあります。

ノルアドレナリンが過剰に分泌されることで、交感神経が活発化し、自律神経のバランスがとれない状態になります。

その結果、心拍数が上がって、汗をかいたり、手足や声が震えたりと身体に症状が出てくるのです。

なるほどね。これが緊張のメカニズムか・・・

場数や成功体験を積み重ねて、自分に自信をつけていけば、だんだん緊張しなくなりますよ。

スポンサーリンク

告白で緊張しない方法

では、告白で緊張しないようにするにはどうすればいいか?見ていきましょう

ぜひ知りたいよ!

深呼吸する

深呼吸のイラスト(男性)

緊張しているときは、呼吸が早くなりがちなので、深呼吸で心を落ち着かせましょう。

ドキドキした感情を落ち着かせるためには、腹式呼吸による深呼吸が非常に有効です。

呼吸によって全身の緊張がほぐれ、リラックス状態にもっていくことができ、緊張を和らげます。

<腹式呼吸のやり方>
  1. 姿勢を正し、お腹をへこませるイメージをしながら、息を吐く。
  2. 息を吐ききったら、お腹を膨らませるイメージでゆっくりと時間をかけて吸う。

これを何度か繰り返してみましょう。

ゆっくり長めの深呼吸を意識すると、副交感神経の働きが優位になります

緊張している自分を認める、受け入れる

自信満々の男の子のイラスト

「緊張しないようにしなきゃ」と思えば思うほど緊張してしまうことがありますね。

そんな時は、緊張している自分を認める、または受け入れてみると気持ちが落ち着いて、楽になることがあります。

心の中で「あ、今緊張しているんだ」「ドキドキしているな」と感じるだけでもいいです。

もう1つの方法として、自分が緊張していることを隠すのではなく、相手に伝えてみましょう!

「今、すごく緊張しているんだ」

「緊張してうまく言えないんだけど・・・」

と、一言添えるだけで、相手も「そっか、今緊張しているんだな」と受け入れてくれますし、少し気持ちが楽になると思います。

体の力を抜く

リラックスする人のイラスト(若者・男性)

体の力を抜くことはリラックスにつながります。

簡単でオススメなのが、筋弛緩法です。

筋弛緩法とは「筋肉を意図的に緊張させてから緩める」ことで、心と身体をリラックスさせる効果があります。

アメリカの内科・精神科医でもあり神経生理学者のエドモンド・ジェイコブソン博士が考案し、不眠指導の代表的なリラクゼーション技法として、世界中で知られています。

<筋弛緩法のやり方>
  1. 身体の特定の部位に、ぎゅーっと力を入れる
  2. そのまま5~6秒キープする
  3. スーッと脱力し、10秒ほど力の抜ける感覚を味わう

「脱力を思いっきり感じる」ことがポイントです。

肩の上げ下げだと、どこでも気軽に出来るのでオススメですよ!

楽しい場面や、成功を想像する

イメージトレーニングのイラスト(男性)

自分に自信を持たせることが大切なので、失敗は考えず、成功を想像しましょう!

失敗を恐れて、悪い想像をしてしまいがちですが、何でもやる前にあれこれ考えてもわかりません

後のことはやってみてから考えましょう。

自信を持って告白するのと、緊張して不安そうに告白するのとでは全然違います。

相手にもその気持ちが伝わってしまうかもしれませんよ。

気楽に考える

カフェでくつろぐカップルのイラスト

どうしても不安に思ってしまう場合には、気楽に考えてみませんか?

好きな人にフラれるということは、悲しくて辛いです。

しかし、それであなたの人生が終わるわけではありません。

告白のチャンスは1回だけだ・・・と考えていませんか?

最初にフラれても、本当に好きな人であれば、しばらく経ってからもう一度気持ちを伝えればいいのです。

何回も告白して付き合うことに成功している人も多くいます。

1回くらいフラれても大丈夫だ!と思うことで、告白に対する意識が変わり、緊張も和らぎますよ。

スポンサーリンク

緊張する=悪い事ではない

「緊張すること=悪いこと」と思いがちですが、そんなことはありません。

緊張することは、人間の本能が関わってくる自然な現象です

そもそも、緊張や不安は生物として必要な感情で、不安や恐怖による警戒心とうまく付き合ってきたからこそ、人類は長く生き延びてこられたと言われています。

たとえ緊張しても、その経験から得られることがあれば、それでいいのです。

「結果はダメでも、前よりも緊張しなかった」

「少し緊張に慣れてきた」

「緊張しても告白することができた」

など、小さな成功体験を積むことが大切です。

成功体験の積み重ねによって、いつの間にか緊張しなくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?あまり考え過ぎると、余計に緊張してしまうのでリラックスして告白するようにしましょう。

そうだね。「緊張=良くない」ってイメージだったけど、自然な現象だと思えば、あまり意識しなくなるかも。

タイトルとURLをコピーしました