失恋したとき、失恋ソングを聴きたくなるのはなぜ?

スポンサーリンク
失恋・別れ
この記事は約2分で読めます。

失恋してつらい思いをしているとき、なぜか失恋ソングを聴いていたりしたことありませんか?

悲しいときは明るく元気が出る曲を聴いた方がよい気もしますね(+_+)

でも実際は、失恋したとき多くの人は悲しく、せつない曲を聴いています!!

いったいそれはどうしてなんでしょうか?

スポンサーリンク

失恋ソングを聴きたくなる理由

気分にあった音楽で落ち着くため

失恋したときに、その気分とかけ離れた元気でアップテンポな曲を聴くと拒否反応が起こり、逆にストレスになってしまいます( 一一)

気分が良く、興奮しているときはアップテンポの曲を。

落ち込んでいたり、沈んでいるときには静かな曲を聴くことで、気分がスッキリして落ち着くことがあるのです。

これを同質の原理といいます!!

音楽療法でも、悲しい気分のときには悲しい曲を聴かせ、徐々に明るい曲に切り替えていきます。

音楽には浄化作用があるため

音楽鑑賞のイラスト

また、音楽そのものには不安や緊張、マイナスの感情を解消させる、浄化作用もあります!

特に歌謡曲やポップスだと、歌詞と曲が一体となって、心のわだかまりやゆがみ、憎しみや怒りを消したり軽減したりする作用があります。

音楽ライブやフェスなどに行き、ストレス発散したり、気分がスッキリするのも音楽の力なのです。

歌詞に共感する

失恋ソングの歌詞を聞いていると「つらいのは自分だけじゃない、誰でもつらいときはある」と思えるようになります。

たしかに失恋したときは、自分1人だけがつらい気持ちになっていると感じてしまいますね。

そんな時に同じような心境を歌っている曲を聴くことで、気持ちが救われるのです!!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

好きな人に振られて悲しい気分になり、何もする気がなくなったら、思い切って失恋ソングにひたりきってみることもオススメです!!

失恋の事実をありのままに受け入れることができるようになれば、立ち直りへの近道になりますよ!

タイトルとURLをコピーしました