恋愛で嫉妬しやすい人の特徴は?対処法を知ってストレスを軽減!

スポンサーリンク
恋愛の悩み・失恋
この記事は約5分で読めます。

はぁ・・・
彼女が、他の男と話しているだけでイライラする

恋愛中、相手を好きになればなるほど強まっていく感情、嫉妬。

嫉妬が原因で相手を傷つけてしまったり、そんな自分が嫌になったりと厄介な感情です。

”嫉妬するのは、愛が強い証拠”とも言われますが、疲れるし、できることならしたくないですよね・・・

そうなんだよ。相手にもイライラするけど、そんな自分が嫌でストレスがたまるよ。

そこで今回は、嫉妬しやすい人の特徴と対処法についてまとめました。

自分は嫉妬しやすいなぁと思っている方は参考にしてみてください!

この記事はこんな方にオススメ!
  • 嫉妬してしまう自分が嫌でストレスを感じる
  • 嫉妬しないようにする対処法が知りたい
  • なぜ嫉妬してしまうのかが疑問
スポンサーリンク

嫉妬とは?

一般的な嫉妬とは、人との比較により生まれる感情です。

他人と比較して、相手より自分の方が劣っていたり、相手を羨ましがる事で“妬む”という感情が生まれます。

これが嫉妬です。

嫉妬は仕事や恋愛など、様々なシチュエーションで生まれますが、ここでは恋愛における嫉妬について説明します。

恋愛で嫉妬してしまう理由

人が嫉妬をする理由は、

自分が大切にしているモノを奪われることに対する怒り恐怖から生まれます。

それが、恋愛だと“自分が愛する相手の感情が他の人に向いた時の恨みや憎しみ”が嫉妬になります。

自分の恋人やパートナーが、異性を褒めたり、仲良くしていると複雑な気持ちになりませんか?

たとえそれが友達同士であっても快くは思いませんね。

そうそう。彼女はただ会話しているだけなんだろうけど、嫌な気持ちになるよ。

スポンサーリンク

恋愛で嫉妬しやすい人の特徴

では、嫉妬しやすい人の特徴を見ていきましょう!

僕も当てはまるかなぁ・・・

特徴①独占欲が強い

彼女に怒る彼氏のイラスト

これは女性より男性に多いです。

「恋人を取られたくない」

「自分のものだ」

独占欲の強い人は、絶対に恋人を他の人に取られたくないという思いが大きく、嫉妬しやすくなります。

それは「愛情」が強いからと考える人もいますが、嫉妬のせいで逆に相手を苦しめてしまうことはよくないですね。

特徴②自信がない・劣等感を抱きやすい

落ち込む会社員のイラスト(男性)

「私は彼氏と釣り合わない」

「自分より魅力的な人に惹かれてしまうのではないか」

など、自分に自信がない・劣等感を抱きやすい人は、不安な気持ちから嫉妬しやすくなります。

自分に自信があれば「彼はどこにもいかない」と考え、普段から嫉妬しないでしょう!

特徴③負けず嫌い・プライドが高い

自信満々の人のイラスト「まかせなさい」

これも男性に多いタイプですが、

「他の男の人に負けたくない」

「他の男に自分の恋人を取られたくない」

という負けず嫌いな特徴から、嫉妬してしまう傾向があります。

恋人を奪われてしまったら、自分は負けた、プライドが傷つけられたなど屈辱を感じてしまいます。

特徴④恋人からの愛情を感じない

泣きながらご飯を食べる人のイラスト(男性)

付き合いたての頃はまだしも、時間が経つにつれ、恋人からの愛情を感じなくなってきたことはありませんか?

そうすると、自分以外に好きな人ができたのかなと不安な気持ちになり、嫉妬につながります。

これは女性に多い傾向があり、なんかいつもと違うなぁと感じることに敏感です。

スポンサーリンク

嫉妬したときの対処法

では、嫉妬したときはどのように対処するのが良いのでしょうか?

ぜひ、教えて欲しいよ。できれば自分でコントロールしたい!

対処法①人と比べないようにする

喜ぶ人に嫉妬する人のイラスト(男性)

いくら比べて真似をしたってその人にはなれないし、どうしようもありません。

自分がその人より劣っていると分かったとき、虚しさを感じて落ち込むだけです。

そんなことよりも、どんな自分になれば幸せかを考え、行動する方に力を入れた方が今後のためになります。

人はみんな長所と短所があり完璧な人はいません。

自分にしかできないことや、長所を磨くようにしましょう。

自信にも繋がりますよ!

対処法②恋愛以外のことに集中する

友達のイラスト「男・肩組み」

時間があると、いろいろ想像してしまい悪い方向に考えてしまいます。

気分転換に友人と遊びに行く、

趣味や好きなことに没頭する、

体を動かすなど、恋愛以外の事に集中してみましょう。

恋人以外の人とコミュニケーションをとるようにすれば、自己肯定感も生まれ、嫉妬しないようになります。

対処法③相手に相談する

仲良く腕を組む夫婦のイラスト

自分の中で悪い想像をしていても、何も解決せず、膨れ上がっていくだけです。

嫉妬していることを隠したい気持ちもわかりますが、時には不安な気持ちをそのまま恋人に相談することも1つの手です。

自分が思っていたほど、大したことではないかもしれません。

モヤモヤが晴れて、お互いへの理解も深まりますね。

もし原因が恋人の方にあるなら、

「他の異性とあまり仲良くしないでほしい」

「出かけるときは連絡してほしい」

などと、お願いしておくと安心です。

まとめ

いかがでしたか? いかに嫉妬とうまく付き合っていくかが重要ですね!

はい。嫉妬はネガティブなイメージでしたが、対処法を実践しながら、その感情と向き合っていこうと思います!

タイトルとURLをコピーしました