嫉妬や劣等感で苦しいときに読むべき本5選

本の紹介

はぁ・・・すぐに人と比べて劣等感を抱いてしまう自分が嫌だな

劣等感や嫉妬にお悩みですか?

そうなんだよ。イライラして、自分に自信がなくなってしまうんだ・・・

このように、嫉妬や劣等感に悩んでいる方いませんか?

人はどうしても他人と比べてしまう生き物です。

しかし、他人より劣っていると感じたとき、自己嫌悪に陥って自信を無くしてしまったり、そんな自分が嫌になったりしてしまいます。

そこで今回は、嫉妬や劣等感で苦しいときに読むべき本を5冊ご紹介します!!

嫌われる勇気/ 岸見 一郎,古賀 史健(著)

【本の紹介と感想】

アドラー心理学について、対話形式で書かれていて読みやすい本です!有名なので1度は書店で目にしたことがあると思います。 対人関係を「競争=他者は敵」ではなく「共同体感覚=他者は仲間」と捉え、人は皆対等で、自分と同じ一人の人間として、真摯に向かい合うことが大事であると教わりました。そうすれば劣等感も抱くことがなくなりますね♪ 他にも対人関係の悩みについて、自分の考え方を変えてくれる要素がいくつか書かれていますので、ぜひ読んでいただきたい1冊です!

消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法/大嶋 信頼(著)

【本の紹介と感想】

嫉妬が生じる仕組みと対処法がわかります! 私はこの本から、嫉妬は動物的な発作だからコントロールできないし、仕方のないこと。だから自分を責める必要はないんだと教わりました。今まで嫌だと思っていた嫉妬や劣等感に対するイメージを変えてくれます♪ モヤモヤした気持ちが軽くなりますよ!

幸せな劣等感:アドラー心理学〈実践編〉/ 向後 千春(著)

【本の紹介と感想】

劣等感の正体と、それを克服するための方法が書かれています。アドラー心理学の基本から実用までわかりやすく解説されていて、初心者の方でもスラスラ読める本です! 私は“嫌われる勇気”の後に、この本を読みましたが、更にアドラーについて理解でき、行動に移せるためのヒントを貰えた気がします!

「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本/ 水島 広子(著)

【本の紹介と感想】

嫉妬について深く解説してあって、実用的に分析されている本です。とてもわかりやすく書かれていて、これ1冊で嫉妬の原因から対処法まで知ることができます。本の後半は恋愛についての事例もあげられているため、参考になりますよ♪ どちらかというと劣等感より、嫉妬に悩んでいる方にオススメです。

うまくいっている人の考え方 完全版/ ジェリー・ミンチントン(著)

【本の紹介と感想】 

自尊心を高める方法が100個書かれています。2ページ項目で箇条書きになっているため、シンプルで読みやすく、楽しい人生を送るコツがわかります。自分を信じること、他人を気にしない・比較しないこと、失敗や間違いを犯しても前向きに捉えることなど、自分の感情をうまくコントロールしていく事が大切だと感じました。読んだ後、すぐに実践したくなりますよ♪

まとめ

いかがでしたか? どの本も劣等感や嫉妬したときの対処法が書かれているのでおススメですよ!

全部読みやすそうだね。原因や対処法を知っていると、冷静に見れるし、気持ちが楽になるかもしれないしから1度読んでみるよ!

タイトルとURLをコピーしました