マリッジブルーの原因と対処法!男女が結婚前に感じる不安とは?

スポンサーリンク
結婚・婚約・夫婦
この記事は約6分で読めます。

プロポーズされたんだけど、なんだか不安・・・
素直に喜べないって私って変?

このように、大好きな恋人にプロポーズされて、ゴールイン!幸せの絶頂!

・・・のはずなのに、なんだか憂鬱で不安な気持ちでいっぱい!

なんで素直に喜べないんだろう?

私って感覚おかしいのかな?

と思うかもしれませんが、全くおかしいことではありません!

それに、このような気持ちは女性だけではなく男性にだって起こりうることです。

そこで今回は、男女が結婚前に感じる不安と、マリッジブルーの原因と対処法についてまとめてみました!

不安な方はぜひ参考にしてみてください。

この記事はこんな方にオススメ!
  • 結婚前だけど、不安で憂鬱な気持ちがある
  • 結婚後うまくやっていけるか不安だ
  • マリッジブルーの原因と対処法が知りたい
スポンサーリンク

マリッジブルーとは?

マリッジブルーという言葉は聞いたことあると思いますが、どのような状態を表すか知っていますか?

俗に言うマリッジブルーとは「結婚を控えた人が結婚生活に漠然と不安や憂鬱を覚える状態」のことです。

女性特有のイメージですが、男性も陥ることがあります。

しかし、女性と違って男性の場合は結婚が決まった後ではなく、結婚を決める前にやってくることが多いです。

要するに、男性はプロポーズのに、女性はプロポーズのになりやすいということ。

結婚は人生一大イベントですし、環境の変化も伴います。

今後の生活が変わっていく事への不安焦りから、このような症状が出てしまうのです。

男性もマリッジブルーになるなんて知らなかったわ

男性だって結婚すると、責任がかかってきますからね。不安になる人も多いのです。

マリッジブルーの原因

では、ここからマリッジブルーになる原因を見ていきましょう!
男女によって異なりますので、男女別にご紹介します。

へぇ~!男女によって違うのね。

男性の場合

長く付き合っていて、何も障害はないのになかなか結婚に踏み切れないカップルがいます。

相性もバッチリ、年齢も適当、両親も賛成しているのに、結婚がちらつき始めると怖気づいてしまう男性が多いのです。

これがいわゆる、男性のマリッジブルーです。

決して彼女を嫌っているわけではありませんが、

自由な独身生活をまだ手放したくない

経済的な不安が大きい

家族を養っていく覚悟ができない

といった気持ちから結婚を先延ばしにしてしまうのです。

結婚すると男性は一家の大黒柱になります。

責任もかかってきますし、共同生活となると自由に使える時間お金は減り、ライフスタイルも大きく変化します。

だからといって、別れを切り出すつもりもないため、結婚を望んでいる女性はしびれを切らしてしまうかもしれません。

女性の場合

女性は結婚すると、相手の親と同居家事子育てなど男性よりもライフスタイルの変化が大きいため、不安を抱いてしまいます。

また両親とも離れて暮らすことになると、家族と仲が良かった女性にとっては不安と寂しさからマリッジブルーになる人も多いです。

そのほかにも、

仕事・家事・育児を両立してやっていけるか

本当にこの人で良かったのか

相手の両親とうまくやっていけるか

という、様々な不安に襲われます。

「結婚すると大変だし、自由がなくなる」など、結婚に対してマイナスなイメージを持っていると、不安や恐れはさらに強くなってしまいます。

スポンサーリンク

マリッジブルーの症状

マリッジブルーの症状は人それぞれですが、結婚前・結婚後に不調が続いている方は、このような症状がないか1度チェックしてみましょう。

<マリッジブルーの症状>
  • 結婚の事を考えると憂鬱になる・不安を感じる
  • イライラがとまらない
  • 食欲がない、または過食してしまう
  • 眠れない
  • 訳もなく涙が出る
  • 身体的症状(頭痛や腹痛)

マリッジブルーの対処法

では、マリッジブルーになってしまったらどうすればよいのか?
1人で悩んでいても症状は変わりませんので、いろいろ実践してみましょう。

そうね!できることからやってみるわ

変化を肯定的に捉える

自信満々の女の子のイラスト

学校や仕事と同様、何でも初めての経験に不安はつきものです。

環境の変化は、慣れるまでが疲れて大変ですね。

そのため、変化を恐れず肯定的に捉えようとする姿勢が重要です!

結婚生活の夢や目標をパートナーと再確認し、「この先いろいろあるだろうけど、この人と一緒に頑張っていこう!」心に決めることが、不安解消に繋がります。

なんでもポジティブ精神です!

あなたの考え方次第で、気分も変化するでしょう。

相談する・話を聞いてもらう

カウンセラーのイラスト

結婚生活に対して抱いている不安を、周りの人に相談してみましょう!

相談する相手はパートナーでもいいですし、話しにくい事なら両親や友人でもいいでしょう!

できれば既婚者の方が、同じ経験している可能性があるため、あなたの気持ちをすぐに理解してくれるはずです。

「私も当時はそうだった」「こうやって乗り越えた」など、アドバイスをもらえるかもしれません。

マリッジブルーは誰にでも訪れるため、恥ずかしいことではないのです!

結婚について深く考えない

将来のことを考える人のイラスト(女性)

あれこれ自分の中で考えていてもキリがありません。

結婚というのは勢いが大事なので「この人と結婚する!」と決心したら突き進むことも必要です。

自分の直感を信じてみましょう!

また、「結婚」という言葉を1度頭の外において、独身の間にしかできない事や、自分のお金を好きなことに使ったりしてみましょう!

そうすると、結婚を客観視することができて不安な気持ちも解消されます。

まとめ

いかがでしたか?このようにマリッジブルーは誰にでも起こりうることなので、決して自分を責めないでくださいね。

そうね!ちょっと深く考え過ぎていたかもしれないわね。
相手を信じて協力しながら結婚生活楽しんでいこうと思うわ!

タイトルとURLをコピーしました