食事デートで好印象!覚えておきたい食事中の振る舞いと気配り

恋愛テクニック

男性から食事デートに誘われたんだけど、印象悪くならないか不安だな・・・

このように、気になる異性と食事デートに行くことになった場合、できれば好印象を残したいですよね!

いくら外見や性格が良くても、食事中のマナーや気配りができていないと相手から残念に思われてしまいます。

そこで今回は、食事デートのとき相手に好印象を与える振る舞いや気配りのポイントをご紹介します!

この記事はこんな方にオススメ!
  • 好きな人、または気になる人と食事デートに行く
  • 相手に好印象を与えたい
  • 食事中の振る舞いや気配りに自信がない

常に見られている事を意識しよう

人は食事中、リラックスしている状態なので、つい普段通りの食べ方をしている人も多いと思います。

気付かぬうちに、自分の食べ方の癖が無意識に出てしまっているかもしれません。

そのため、相手が気にしていない素振りをしていても、常に見られている事を意識しながら食べるようにしましょう!

そうね・・・事前に押さえておきたいポイントね!

覚えておきたい食事中の振る舞い

では、ここから本題の”食事中、覚えておきたい振る舞い”をいくつかご紹介します!家族や友人と食事に行ったときなど、普段からやっておくと、自然と身につきますよ。

よーし!覚えておかなくちゃ!

①なるべく音を立てない

グルメな人のイラスト(男性)

覚えておきたい食事中の振る舞い1つ目は、なるべく大きな音を立てないことです。

食べている時に、くちゃくちゃと音をたてたり、スープを飲むときにズズッとすすったりしていませんか?

食事の際に不快な音を立てる人は、相手にマイナスな印象をを与えます

また咀嚼音だけでなく、ナイフやフォークを使う時もガチャガチャと音を立てないように気を付けましょう!

また、ナイフやフォーク、箸の持ち方が正しいとより印象が良くなります。

②口に物を含んで喋らない

立ち飲みのイラスト(カップル)

覚えておきたい食事中の振る舞い2つ目は、口に食べ物を含んだ状態で喋らないことです。

デート中は2人きりなので、沈黙が怖かったり、何か会話をしないといけないと思い、食べながら話す人がよくいます。

会話も大事ですが、口の中に食べ物を含んだ状態で喋るのは、ちょっと下品な印象になってしまいます。

そのためにも、ゆっくり飲みこんでから話す・口元を手で隠しながら話すなど会話の際には注意しましょう。

口いっぱいに頬張らないよう、少しずつ食べるようにするといいです。

③「いただきます・ごちそうさま」を言う

いただきますのイラスト「食前の女の子」

覚えておきたい食事中の振る舞い3つ目は、「いただきます・ごちそうさま」を言うことです。

食事の前と後に、「いただきます・ごちそうさま」を言える人は、育ちが良いと思われ、好印象を与えます!

子供の頃は言っていたけど、大人になると、言う癖がなくなってしまったという人が多いのではないでしょうか?

当たり前の事ですが、ちゃんと口に出して言える人は素直できちんとしているイメージを相手に与えます。

④姿勢が良い

行儀の良い食事のイラスト(マナー)

覚えておきたい食事中の振る舞い4つ目は、食事中の姿勢です。

食べ方のマナーはよくても、座っている時の姿勢はどうですか?

猫背になっていたり、肘をついていたり、足を大きく開いていたりと、無意識に楽な体勢になっているかもしれません。

食べる事や、相手との会話に夢中になり過ぎると忘れがちなので注意してみましょう!

⑤なるべく残さず綺麗に食べる

きれいに食べられた魚のイラスト

覚えておきたい食事中の振る舞い5つ目は、料理を綺麗に食べることです。

自分の所に出されたものは、なるべく残さず綺麗に食べるようにしましょう!

全然食べずにたくさん残したり、魚などグチャグチャになって残っているとあまり良い印象ではありません。

多少の苦手なものや食べれないものなら仕方ありませんが、残さず食べる事を心掛けましょう!

食事中の相手への気配り

ここからは、食事中の相手に対する気配りについて、いくつかご紹介します!

気配りや気遣いのできる人は性別問わず好印象よね!

①相手の飲み物を気に掛ける

バーで飲むカップルのイラスト

食事中の相手への気配り1つ目は、相手の飲み物を気に掛けることです。

飲み会などで、グラスが空いていたり、飲み物がなくなりそうになると「おかわり頼みますか?」と気にかけてくれる人を見たことありませんか?

また、ドリンクバーだと他の人の分も進んで持ってくる人がいますね。

持ってきてもらった相手は「気が利くなぁ」と感じます。

食べたり、話したりしていても相手の飲み物に気配りするようにしましょう!

②大皿は率先して取り分ける

サラダのイラスト

食事中の相手への気配り2つ目は、大皿の料理が出てきたとき、自分の分だけではなく、率先して相手の分も取り分けるようにしましょう!

これもかなり印象が良くなりますし、気配りができると思われます。

その際、相手に嫌いなものはないか聞くこともポイントです!

また、お箸や小皿を分けたり、空いたお皿を下げたりするとより良いイメージを与えるでしょう!

③食べるスピードをあわせる

食事中の相手への気配り3つ目は、相手と食べるスピードを合わせることです。

もし自分の料理が先にきても、相手の料理が来るまで待ちましょう。

そして食べるスピードもなるべく相手に合わせる事がポイントです!

自分だけ先に早く食べ終わってしまうと、相手は焦って、気を遣わせてしまいます

細かい事ですが、これができるとあなたとの食事は好印象になるでしょう!

テーブルマナーのおすすめ本

食事マナーの基本が書かれている本なので、参考にしてみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?割と当たり前で簡単な事が多いです。細かい事ですが、相手には必ず伝わります!実践して好きな人に、好印象を与えましょう♪

これなら、私にもできそうだわ。今度やってみよう!

タイトルとURLをコピーしました