恋人の実家へ挨拶!最低限のマナーを守って好印象を与えよう

スポンサーリンク
恋愛テクニック
この記事は約5分で読めます。

今度、初めて彼女の実家へ挨拶をしに行くことになったんだけど不安だな・・・

緊張するかもしれませんが、相手のご両親には好印象を与えたいですね。

そうなんだよ。第一印象って重要だし・・・どうしたらいいかな?

このように、初めて恋人の実家へ挨拶するときって、緊張や不安もありますが、なるべく相手の両親に好印象を与えたいですよね!

特に結婚を考えている場合は、自分たちの問題だけでなく、相手の家族とも長い付き合いをしていかなければならないので重要です。

人は「第一印象」でほとんどのことが決まってしまいます。

そのため最初の挨拶で好印象を持たせることができれば、後々いろんなことがスムーズにいくはずです!

そこで今回は、恋人の実家へ挨拶に行くとき、最低限のマナーを守って好印象を与える方法をご紹介します(^^)/

この記事はこんな方にオススメ!
  • 恋人の実家へ挨拶に行く予定
  • 相手の家族に好印象を与えたい
  • 挨拶の最低限のマナーが知りたい
スポンサーリンク

事前準備

当日焦らないよう、事前に準備できることはしておきましょう!
挨拶成功への土台作りも大事ですよ♪

そうだね!何をしたらいいかな?

日程は相手に合わせる

カレンダーを見る人のイラスト(男性)

まず、相手の実家に行く日程を決めなければいけません。

もちろん挨拶をしに行くため、相手のご両親の都合に合わせるようにしましょう♪

恋人を通して、空いている日を確認しておくといいです。

直前ではなく、1~2週間前ほど余裕をもって決めておきましょう!

時間帯は食事前や食事中は避けて、昼は14~15時頃、夜は20時頃がベストでしょう。

相手のご両親が、食事も誘ってくれたら、遠慮せずに頂きましょう(^^)

ご両親をリサーチしておく

仲の良い中年夫婦のイラスト

事前に恋人から、ご両親の好みや性格、趣味などをリサーチしておくことも大切です。

当日に話を盛り上げたり、手土産選びの参考にもなります!

また、優しい、厳しい、冗談が通じるなど、ご両親の性格をあらかじめ知っておくことで、当日スムーズに会話できるでしょう♪

手土産を用意しておく

お菓子の詰め合わせのイラスト

お邪魔するため、手ぶらでというわけにはいきませんね。必ず手土産を用意しておきましょう!

手土産の相場はだいたい1000~3000円程度が一般的。

選ぶポイントは、個包装で、日持ちするものがベストです。

ご両親の好みがわかっているのであれば、それでもいいでしょう!

ケーキなどがオシャレで良いと思いがちですが、生菓子はその日のうちに食べなければいけないため、焼き菓子など日持ちするものを選びましょう。

また、恋人の実家の近くのお店で買うことも「来る途中に急いで買ってきたのかな?」と思わせてしまうので避けるようにしましょう。

好印象を与えるポイント

では好印象を与えるポイントをいくつかご紹介しますね!

よーし、おさえておこう!

スポンサーリンク

服装は清潔感があるもの

カジュアルな会社員の男の子のイラスト(将来の夢)

服装は清潔感があり、誰が見てもおかしくない服装をしていきましょう!

男性の場合、結婚の許しを貰いに行くのであればスーツでも構いませんが、カジュアルなシャツやジャケットパンツでも問題ないでしょう!

派手な色や柄は避けて、白や青系の色だと爽やかで明るい印象になりますよ。

女性の場合は、派手な化粧や、肌の露出は控えるようにして、女性らしい明るい色の服装が好ましいです。

家に着いたら明るく挨拶

お辞儀・挨拶をしている女の子のイラスト

相手の実家に着いたら、まずは玄関先でご両親が出迎えてくれると思いますので、「はじめまして、○○と申します。今日はお忙しい中、お時間をいただきましてありがとうございます!」と笑顔でハキハキと話しましょう。

靴を揃えて、部屋に案内されたら改めてしっかり挨拶します。

例:「改めまして、△△さんとお付き合いさせていただいております。○○と申します。どうぞよろしくお願いします!」

この時、和室なら座布団を外した状態で、洋室なら椅子にかける前に挨拶するのがマナーです。

手土産を渡す時のポイント

手土産は焦って最初に渡してしまいがちですが、玄関先で渡すのはマナー違反です。

部屋に案内されて、正式に挨拶を済ませた後がベストです。

また手土産を渡すときは、袋から出して渡すようにしましょう!

渡す時に添える言葉も「つまらないものですが・・・」は避けて、「心ばかりのものですが」と一言添えると、好印象を与えることができますよ♪

挨拶や会話中に気を付ける事

おしゃべり禁止のイラスト(男性)

会話中、恋人のことは「○○さん(下の名前)」と呼びます。

いくら仲が良くても呼び捨てにしたり、冗談でも恋人のことを悪く言ってはいけません。

ご両親にとっては大切な娘(息子)なので、ポジティブな事をどんどん言いましょう♪

また、食べ物や飲み物は勧められてから手を付けるようにします。

必ず「ありがとうございます。いただきます」と一言添えて、なるべく音をたてないようにして食べましょう。

>>覚えておきたい食事中の振る舞いと気配り

話の途中でトイレに行きたくなった場合は、恋人ではなく、ご両親に「ちょっとお手洗いお借りしていいですか?」と声をかけるようにします。

その後、恋人に案内してもらいましょう!

早めに帰る

懐中時計のイラスト

ご両親が気疲れしないためにも、できるだけ早く帰るようにしましょう!

相手の実家に長居していると、「泊まっていくのかな?」「ご飯はどうするのか?」などと心配させてしまいます。

いくら話が弾んでも、途中で切り上げるようにしましょう。

帰るときも「お邪魔しました」「長居してしまってすみません」など一言添えると好印象になります。

まとめ

いかがでしたか?以上の事をおさえておけば、ちゃんとマナーがわかっている人だと好印象を与えることができますよ!

なるほどね!だいたいの流れはわかったし、できるように頑張ってみるよ!

タイトルとURLをコピーしました