アニメや漫画、ゲームに夢中!人が2次元キャラに恋する心理とは?

スポンサーリンク
心理学・男心女心
この記事は約4分で読めます。

今見ているアニメのキャラクターがかっこよくて恋しちゃった!

ゲームに出てくるキャラクターの女の子が可愛くて好きになった!

このように、アニメやゲーム、漫画に出てくるキャラクターに恋心を抱いてしまったことはありませんか?

現実には存在しないとわかっていても、常にそのキャラクターの事を考えてしまったり、グッズに夢中になるなど、異性として見てしまう・・・

そこで今回は、人が二次元キャラに恋する心理をまとめてみました!(^^)

 
この記事はこんな方にオススメ!
  • 2次元キャラに恋している
  • 2次元に恋する人の心理が知りたい
  • 2次元の魅力が何かわからない
スポンサーリンク

2次元キャラの魅力って?

では、最初に2次元キャラの魅力から見ていきましょう!

3次元にはない魅力ってあるわよね!

外見や容姿がいい

キャラクターの描かれた缶バッジのイラスト

2次元のキャラクターの魅力はなんといっても、見た目や容姿です!

男性キャラは、背や鼻が高く、さわやかで、顔や声がイケメン・・・

女性キャラは、大きくてキラキラの瞳に、スタイル抜群で、可愛い声や動き・・・

現実にはそこまで完璧な人はいないため、2次元キャラの強みと言えるでしょう!

年をとらない

水の魔法使いのイラスト

現実では、可愛い・カッコいいと思った人でも年を取っていき、昔とは違った姿を見て残念に思ってしまうことも・・・。

しかし、2次元キャラはずっと年を取らず魅力的なままです!

いつまでも、惚れたときの姿を見ていられるので簡単に恋が冷めたりする心配もありません。

いつでも会える

テレビでコンサートを見る人のイラスト(ペンライト・男性)

「好きなキャラを見たい!」と思ったら、テレビやネット、漫画を開けばいつでも会うことができますね(^^)

「ちょっと疲れたから、癒されたい・・・」「キュンキュンしたい」となれば、すぐにそれが可能です。

現実だと、時間や予定を合わせなければ恋人と会えなかったりしますからね。

スポンサーリンク

2次元に恋する人の特徴と心理

anime character collage photo on black wooden shelf

では、2次元に恋する人の特徴と心理を見ていきましょう!

気になるわね!!

現実逃避をしたい

現実逃避のイラスト(女性)

現実で辛いことがあったり、うまくいかないと現実逃避をしたくなりますね。

その気持ちが2次元の恋に向いてしまうケースがあります。

2次元キャラを見ている間は現実の事を考えなくて済みますし、嫌な思いをすることもありません

好きなだけ見ていることができますし、気が済むまで2次元に浸っていれるため、その時間が幸せに感じるのです。

傷つきたくない

失恋のイラスト「ふられた男性」

過去にリアルな恋愛で傷ついた経験がある人も2次元の恋をしやすい傾向にあります。

辛い別れや、失恋など悲しい思いはもうしたくない・・・

でも2次元のキャラクターは裏切ったり、傷つけることはありません!

別れや終わりがくることもなく、ずっと幸せな恋をしていられるため2次元キャラにハマってしまいます。

理想が高い

片思いのイラスト(女性)

2次元のキャラは、目が大きくて可愛かったり、背が高くてイケメンだったり、現実とはかけ離れた魅力が満載です!

理想が高い人は、現実では自分が理想とする人に出会えなく、2次元キャラにいってしまいます。

ただし2次元キャラにハマり過ぎると、現実の異性が劣っていると感じて、リアルな恋愛が出来なくなるので注意が必要です

リアルの恋愛に自信がない

■

今まで恋愛経験がない人や、自分に自信がなかったり、コンプレックスを抱いている人も2次元キャラに恋してしまいます。

相手は2次元なので、自分の恋愛テクニックやコンプレックスを気にすることなく、楽な気持ちで恋愛できますね。

恋愛に奥手の人でも簡単に恋することができるのです。

心の支えを必要としている

元気な女の子のイラスト

落ち込んだり、辛いことがあったとき、心の支えになる人や物が必要ですね。

現実では家族や恋人や友人などが当てはまりますが、それが2次元キャラになるケースもあります。

実際には存在しなくても、辛いときに好きなキャラクターを見ると、元気になったり、やる気が出たりするのです!

まとめ

いかがでしたか?2次元での恋も3次元と同様に、楽しくて、その人の心の支えにもなっているのです。

なるほどね!現実が辛かったりすると、2次元の魅力に惹かれちゃうのもわかるわ!
それで元気になるなら全然いいよね!

タイトルとURLをコピーしました